お悩みスッキリ解決し隊

お悩み事をスッキリ解決いたします 

ペット

高齢ペットの日常の注意点は?保険と健康診断と役立ちサービスを紹介 

投稿日:

最近は人間同様にペット達も長生きする時代になってきました。個体差がありますが、犬と猫は約15歳ぐらいは生きれるようになってきました。

その分、人間同様犬猫も介護が必要になってきています。ですので子犬・子猫の時に可愛いだけで買うのではなく、最後までしっかり面倒が見れるかどうかを考えた上で家族として迎える必要があります。ここでは、高齢のペットのケアに関してご紹介いたします。

高齢のペットの日常で注意する点は?

犬や猫は7歳が、人間の40代~50代といわれています。この頃になると高齢期に発症する病気がおこりやすくなります。ですので、今まで以上に体重のチェック・食欲のチェック・排泄量のチェックなどをしてあげる必要があります。

また、高齢期になると免疫力もおちてきますので、今まで通り年一回の混合ワクチンやフィラリアやノミ・ダニの予防薬はしっかり行うようにしてください。

人間同様ペットも病気になります。猫の病気として7歳以上に慢性腎臓病が多いです。症状としては、いつもより水を飲む頻度が増えた・1回のおしっこの量が多くなった・毛並みが悪くなってきたなどが挙げられます。

犬の病気としては10歳以上の1割~2割の確率で心臓病にかかっている可能性があるといわれています。心臓病の中で特に多いのは僧帽弁閉鎖不全症と呼ばれる病気です。症状としては、食欲が落ちてきた・咳をするようになった・あまり動かず運動の量が減った・運動していないのにハアハアと浅い呼吸をするなどが挙げられます。

ペットの病気は人間とは違い臓器移植などができず、完治させることは難しいです。ですので、病気を早めに発見して症状を遅らせることが最も重要になります。

ペットの保険は必要?

長生きできるようになった反面、病気のリスクも高くなってきています。動物の治療費は10万~30万ぐらいの高額になることが多いです。そのため、治療費が高額で大切な家族が治療できない事がないように、子犬・子猫の時からしっかりペット保険に加入する事が最終的に精神的・金銭的の安心につながります。

ただし、保険会社にもよりますが10歳以上から保険に加入することができない場合が多いですので早めの保険加入をお勧めします。

個人的な話になりますが、私の家にもトイプードルがいますが4歳の時に子宮蓄膿症になってしまい。手術費・入院費・薬代など2週間で合わせて30万円ぐらい治療費がかかったことがあります。その時は、保険に入っていなかった事をすごく後悔したことを覚えています。その教訓で今ではしっかりペット保険に加入しています。

ペットの健康診断の頻度は?

動物達は自分の体調が悪くてもしゃべることができません。また、あまり態度に示さない犬・猫も多いです。人の1年は犬・猫では4年~5年に相当します。ですので老化も速いですがその分病気の進行も速くなります。

そのため、健康診断は欠かせません。頻度としては1年に1回は必ず受診するようにしていただき、病気がちならば半年に1回受診することをお勧めします。

病院は人間同様ペットも、病気になってから行くのではなくペット検診など病気にならないための予防としても受診するようにしてください。

ペット検診を受診しておくと、犬や猫の健康な状態を数値で分かるようになりますので、万が一病気になった時に的確に処置ができるようになるので必ず受診することをお勧めします。また、かかりつけの病院ができると、何かあった時に電話相談もできますので、とても心強いです。

ペットの見守りサービスをご紹介

猫の飼い主同士が助け合うコミュニティー

人と猫が一緒に楽しく暮らせるようなコミュニティー作りができるウェブサービスがあります。名前は「nyatching(ニャッチング)」と呼ばれています。

まず、飼い主さんと猫のプロフィールを登録して気になるお相手とマッチングします。そこで相手の方と会って信頼関係を築いた上で、飼い主さんが出張や旅行などの際にお相手に猫のお世話をお願いしたりして、一緒に猫を育てる環境を作っていくコミュニティーです。

https//nyatching.com/

迷子の際に役立つアプリ

自分の犬や猫が迷子になった時に役立つSNSアプリがあります。その名は「ドコノコ」。

通常は自分の飼い犬や猫の日々の写真や外出先で見かけた犬猫を投稿するSNSアプリですが、もし迷子になった際にはアプリ内の迷子掲示板の機能を使うと、近場の登録ユーザーに迷子通知が届いて情報提供を呼び掛ける事ができるようになっています。

また、登録ユーザーが最新の目撃情報を投稿すると地図上で分かるような機能もついているのでより効果的に迷子の子を探す事ができます。

https//www.dokonoko.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか?犬や猫は年を取るのが人間より早いです。その分日々注意深く見てあげる事で大事な家族を健康で長生きさせることができます。いつまでも一緒に楽しく過ごせるように飼い主さんは見守ってあげてください。

-ペット
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

犬の夏の暑さ対策グッズは?ご飯を食べない時は?エアコンの温度は?

最近、お家のワンちゃんの体調はいかがですか? これから夏に向けて、お昼の散歩は暑くて出来なくなったりワンちゃんにとっては辛い季節になってきます。 ここではワンちゃんの為の暑さ対策グッズとご飯を食べない …