子供の紫外線対策は必要?オススメの帽子は?最適な洋服は?

子供は大人よりも紫外線の影響を常に受けやすい状態にあります。

子供に紫外線対策は本当に必要なのでしょうか?

今回は子供の紫外線に関してご紹介します。

  

子供の紫外線対策は必要?

人間の手と鼻の頭や首の前は皮膚が薄いですので、日焼けしやすくダメージが受けやすい部分です。

特に子どもは皮膚がまだ薄く紫外線を反射する力も大人より弱いためダメージを受けやすいです。

大人になってくると皮脂を出すことで紫外線や刺激に対しての抵抗力を高め、どんどん皮膚の厚さが増していきます。

また、太陽光の紫外線に当たらないと体内でビタミンDが作られずにカルシウムの吸収が悪くなり骨格の発育に悪影響を及ぼします。

ですが、日焼けを繰り返すと将来的には皮膚がんの原因になると考えられていますので日焼けしすぎる事も考えなければいけません。

先ほども言いましたが、子供の皮膚はとても薄くかぶれやすく痛みやすいので大人同様に子供にもしっかりと紫外線対策をする必要があります。

子供の紫外線対策に帽子とは?

帽子はつばが7センチあるもの。これで顔に当たる紫外線の60%をカットでき、紫外線に弱い目も守ることができます。

また色でいうと、濃い色の方が紫外線を多く吸収するのでカット率としては高いですので白よりは黒がよいのですがデメリットとして熱がこもりやすく、蒸れやすくなります。

ですので、汗も多くかき代謝が良い子供には紫外線カット率は下がってしまいますが、紫外線を反射しやすい白に近い淡い色が最適です。

子供の紫外線対策の服とは?

紫外線対策で服を選ぶ時は、紫外線カット加工のされた素材を選ぶことが大事です。

一般の子供服では、しっかりと紫外線を防ぐことができません。

紫外線カット加工の素材には、コーティングタイプと練りこみタイプの2種類があります。

コーティング素材は、紫外線をカットするコーティング剤を表面に塗布したもので、効果は洗濯によって少しずつですが薄れていくようです。

練りこみタイプは布地にUVカット加工を練りこんだもので、効果は半永久的に持続すると言われています。

またポリエステルは紫外線を吸収する効果がありますが吸水性がなく、汗を吸い込んでくれません。

反対に綿は汗を吸収してくれるますが紫外線を吸収してくれる効果がありません。

ですので、選ぶのであればポリエステルと綿の両方が混紡された紫外線カット率の高い通気性のよい薄手の服がベストです。。

まとめ

子供のいる位置は大人より地面に近いことにいますので3℃から5℃の温度が上昇しています。

ベビーカーには色の薄い物で日よけを付けて、紫外線からも熱さからも守ってあげてください。

特に日ざしの強い10時~14時までの時間帯の外出は特に注意が必要です。

その時間帯に外出される際はなるべく日陰を選んで移動してください。

日陰は、紫外線量が日なたの半分になります。

紫外線が気になるので外で遊ばないのではなく、紫外線が多少あっても十分に遊べる服装を身に着け普通に外出できるような生活スタイルにすることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。