婚活パーティーイベントを東京都内で開催している企業|参加者の体験談をご紹介

婚活アドバイザーのマジョミです。

最近、リアルに会える婚活パーティーやイベントが人気があって全国で開催されているわね。

今の時代は、中々出会いって少ないからこういうパーティーイベントで出会いを求める人が多いのはわかる気がするわ。

そこで、今回は婚活パーティーを東京都内で開催している企業や団体とその参加者の体験談を紹介するわよ。

婚活パーティーイベントを東京都内で開催している企業とその参加者の体験談

婚活パーティーイベントを東京都内で開催している主催者:party party パーティーパーティー

20代後半 男性

私が婚活パーティーに参加した時の内容を書きます。
私が婚活パーティーに参加した理由は結婚を見据えたお付き合いのできる女性を探していたからです。
私が参加したパーティーは個室で一対一で対面で座りながら話せる婚活パーティーでした。
参加者の年齢は20代から30代半ばまでの比較的若い方が参加する婚活パーティーでした。
私は二十代半ばなので見た感じ参加男性の中では若い方でした。
パーティー参加時には男女比率はほぼ同じで10人ずつくらいの計20名程のパーティーでした。
全員と会話をして気になった人3名の名前を書き、マッチングしていれば連絡先の交換といった形になり、その後一緒に時間を過ごすもよし、解散するもよしといったパーティーになっておりました。
女性は比較的アニメが好きな方が多く、私もアニメが好きだったので話しが合う方が多かったです。
どうやら男性の中であまり清潔ではない方がいたそうでやたら不評な人がいたので最低限の身だしなみは整えてから行かないと後になんて言われるか分かったものではないので身だしなみにはより一層気をつけようと思いました。
座席に座るタイプなので座って会話ができたので以前参加した立ちながらの会話よりも楽で会話が弾むので着座形式の方が私はいいなと思いました。
1人8分ほどの形での着席形式での会話を終えて、その後に気になった方と話すフリータイムの時間がありました。
私は気になっていた方が2名いましたのですその方とお話をさせて頂きました。
やはり8分では中々全てを話し切ることはできないのでフリータイムで相手に時間を作って貰えたのは幸運だったと思いました。
フリータイムも終わり、私は気になっていた方2名の名前のみを書きました。
一応3名まで名前を書くことが可能なのですが、特に付き合いたいと思った相手以外の人の名前を書いてももしマッチングしてしまった時に他の方とその相手に申し訳ないと思い避けました。
結果的に私は第1希望のところに書いた女性とマッチングに成功しました。
昼過ぎの開催だったのでその後カフェでお茶を飲んでその日は解散となりました。
カフェではフリータイムで話しきれなかった部分を話すことができ、次に会う日取りを決めたりしました。
2回目のデートで水族館へ行き、その後夕飯を取った帰りに告白してお付き合いすることになりました。
今現在でもその方とはお付き合いしており、初めての婚活パーティーではありましたが参加してよかったと思いました。 

20代後半 女性

アニメ・ゲームオタク向けの婚活パーティに参加した際の体験談です。
インターネットやSNSでは「オタク向けの婚活パーティはコミュニケーションが出来ない人間ばかりが集まるので交際相手・結婚相手を探せるような場ではない」というような評判をよく目にしておりましたので、頭の片隅では「噂は本当なのだろうか」と少々不安も抱えながら私は会場に向かいました。
会場に到着し、半個室のようなブースに案内され、開始時刻までタブレットに表示された参加者のプロフィールを確認します。流石オタク向けのパーティということもあり、皆さんプロフィールの自己アピール欄には好きなアニメやゲームのタイトルが並んでいました。
私がタブレットを確認していると、少し遅れて同席の男性の方が入室してきました。
はじめにも書きました通り「どんな人が来るのだろうか」と大変失礼な不安を抱いていた私でしたが、その不安は同席の男性の方と挨拶を交わした瞬間に無くなってしまいました。
「な〜んだ、噂はやっぱり信じ込みすぎない方がいいな」と改めて安心してしまうくらい、パーティが開始する前からなんてことない会話を楽しむことが出来ていたのです。
パーティが始まってお相手がどんどんローテーションしていっても一人目の方とお会いした際の安心感が大きく揺らぐことはありませんでした。
どの方とも出身地などの他愛のない会話から、仕事や休日の過ごし方、好きな食べ物、そしてもちろん大好きなアニメやゲームの話!沈黙になることは無く、最後まで色々な方との多様なお喋りがとても楽しかったです。
オタクと言っても人それぞれ好きなものは様々ですが、普段自ら触れることの無い作品についてのお話を聞けることもこのようなパーティの良いところかもしれないなと感じることもできました。
そして、そんな多様なオタクの皆さんの中から一番居心地の良かった方とマッチングし、その後半年ほどお付き合いをする仲になることが出来ました。
残念ながらその方とは互いのタイミングが合わず成婚には至りませんでしたので、この体験談をハッピーエンドで締めくくることが出来ず申し訳ありません。
しかし、その方と過ごした半年間は私の人生においてかけがえのない大切な思い出のたくさん詰まった半年間となったことは間違いないと思います。
そのような素敵な出会いに巡り会えたのもこの婚活パーティに参加したお陰です。
自分自身が興味のあるものならばどんなコンセプトのパーティであれ素敵な出会いの場になる可能性を秘めていることは間違いない。
そんな風に思えた「オタク向け」の婚活パーティ体験談でした。 

婚活パーティーイベントを東京都内で開催している主催者:エクシオ

30代前半 女性

私はエクシオの婚活パーティに何度も参加しました。
会場は丸の内や銀座などがありますが、銀座会場が一番人が集まるので色んな方と出会い楽しかったです。
パーティの流れはまず女性が椅子に座り、男性が回転寿司のようにして回って一人一人の女性と五分ほど話します。
そして次は先ほど話した段階でもう一度話したいと思った相手と話せるアプローチの時間です。
この時間は積極的にいかないと話したい相手がほかの誰かにとられてしまう恐れがあるので、男性は必死です。
見ていると凄い勢いで女性に走りよってくる男性もいてちょっと恐いです。
女性はほとんどの人がすました顔でアプローチしてくる男性を待っています。
そのあとはカップルになりたい相手を第4希望まで書いて結果を待ちます。
私はその日はあまりいい男性がいなかったので第二希望までしか書きませんでした。
そしていよいよ結果発表。カップルになれるかなぁと待っていると、なんと第一希望の男性とカップルになれました。
そのあとは男性が先に会場を出て、カップルになった相手を待ちます。
私が会場を出るとカップルになった男性はスマホをいじりながら待っていました。
どこへ連れていってくれるのかなぁと思い近寄って話しかけると「とりあえずカフェでも」と言われ二人でカフェに行きました。
相手はじっくりと話したところなかなか紳士で誠実で優しそうな人でした。
カフェで話が盛り上がり、男性は食事このあと食事に行こうと提案しました。
私ももっと話したかったので快くオッケーをしました。
色々話しているとその男性は大手企業で働いていてバリバリと仕事をしているようで私の理想の結婚相手にぴったりな感じでした。
そして帰りは連絡先を交換してさよならしました。
電車で帰っていると男性から早速メールが届きました。
私のことをとっても気に入ってくれたようでまた会いたいと書いてありました。
私も同じ気持ちだと返信しました。
その後何度もデートを重ね、見事結婚に至りました。
今ではとても仲の良い夫婦なのですが、先日お見合いパーティの話を久しぶりにしていて、私が何気なく「あの時は他に可愛い子は居なかったの?」と聞いたら、なんと旦那は私よりも可愛い子がいて第一希望はその女性にしたとけろりと言い放ちました
私はこれを聞くまで旦那とは第一希望同士でカップルになったと思っていたのでかなりの衝撃を受けその告白を聞いた夜は悲しくて眠れませんでした。
結果良ければ全てよしと自分には言い聞かせていますが、それでもまさか私が第二希望だったとは…心の奥に引っ掛かり一生取り除けない気がします。 

婚活パーティーイベントを東京都内で開催している主催者:シャンクレール

40代前半 女性

友達の付き添いで渋々参加したのを覚えています。
私の婚活パーティーのイメージは、2人掛けのテーブルと椅子がありそこに男女が座り、シャンパンか何かお酒を入れながら会話をする。時間になったら男性が移動する。そんなイメージでしたが、実際は全然違っていました。まず受付でプロフィールカードを受け取り始まるまでそちらを記入するのですが、その記入するためのボールペンがなんと100円で売っているのです。買うんだ、、。苦笑
もうひとつ驚いたのは会場の雰囲気です。
なにかのセミナーのような殺風景な雰囲気、、部屋の隅にパイプ椅子が並んでいるだけなのです。
そしてお酒やフードなんてものはないのです。
途中一度ウーロン茶が出ただけでした。
そんな色々驚きを隠せないままスタート。
正直私は見た目は普通です。良く言えば、こういうところに来なくても彼氏できるでしょう。的なタイプなのですが、そんな私がたぶん来ている女性の中で一番まともだったようでモテモテだったのです。
途中経過で何人の方が自分を気に入ってくれているのかがわかるのですが9割以上の方が私の番号を書いてくれていました。
そして、最後にフリータイムがあるのですが、私の隣の椅子は椅子とり合戦のような奮闘戦になっており、男性陣の勢いがすごかったです、本当に。
そんな中1人の方とマッチングをし、一緒に会場を後にしそのまま飲みに行くことに。
飲んでいる間も、モテてたねー1番人気だったねーと褒めちぎられました。
そして帰り際になんとプロポーズまで、、。
もちろんお断りしましたが。
兎にも角にも、私はこの1日で女としての自信を取り戻しそれはもう調子に乗りました。
完全にモテ女子と勘違いしたのです。それもそのはずこの回の参加条件は、バツイチ35〜50歳まで。当時の私は36歳、もちろんおそらく女性の中で一番年下。
そりゃモテるはず、、。
私まだまだイケるわ、選びたい放題じゃん。と調子に乗ったまま2回目に参戦!
2回目は、女性は25〜38歳という枠。
会場に入るとこの前とまったく違う雰囲気、というか顔ぶれに驚きました。みんな若くてかわいい、、、!
はい、ボロボロでした。
フリータイムなんて椅子とりゲームどころか、誰も隣に来てくれず、ただ時間が過ぎるのを待つのみ。
男性陣のが参加者が少なかったせいか、挙げ句の果てに人気のない女性同士で仲良くなるという笑
なので、婚活パーティーに参加するときはいかに自分が輝ける場所なのかを見極める力も大切です。 

婚活パーティーイベントを東京都内で開催している主催者:ブライダルナビ

20代後半 女性

 私自身は現在28歳の子持の主婦なのですが、そのパーティーには22歳の時に友達と参加しました。
場所はリッツカールトン東京だったのですが、正直ホテルに行ってみたい気持ちが過去に体験したお見合いパーティーの体験談を書きたいと思います。
大きくて、お見合いパーティーでの婚活を目的としている男性との出会いを求めているわけではありませんでした。
初めて入ることもあり、緊張を抑えながらリッツカールトンホテルのドアを開け足を踏み入れたら、そこにはスーツ姿の裕福層と思われる男性がずらりと並ばれていて、対する女性陣も綺麗で華やかで、結婚相手を見つけるのに苦労しているといった風にはとてもじゃないけれども見えませんでした。
服装だけなら結婚式の二次会の様に感じました。
男性の参加資格が大卒者で年収600万以上が条件でした。
身分証明書の提示が必須で、さすが開催場所が高級ホテルという事もあってキチンとしているんだなーと関心しながら受付の方々を見ていました。
食事はビッフェ形式で、お肉からフルーツやケーキ等何でもありました。
初めてリッツカールトンの料理を口にしたのですが、味は凄く美味しくて驚きました。
自己紹介タイムでは、ひとりひとりがステージに立って自己アピールをしていきます。
主に自分自身の現在の職業や、長所や交際した際のメリットといったポジティブな面をプレゼンテーションされていました。
やはり男性陣は圧倒的に裕福層の方が多かったので高級車を持たれてる方や中にはプライベートジェットを個人で所有されている方もいて何だか半信半疑になってしまいました。
スタッフの方々含めてですが、皆さん本気度が高くて、やはり女性にとっては、将来共にする伴侶で人生が激変してしまうし、男性にとっても仕事への良いモチベーションになるので、生半可な気持ちでは選択してはいけないと強く感じましたし、婚活に力を入れるということは、人生を見据えた投資行為だと感じました。
その後は、イスが対面になるように2列に並べ、男女に別れて会話して1席ずつずれて新たな異性と会話していきました。
何だか工場での流れ作業のようで嫌だなーと感じながらも会話して来ましたが、何だかぎこちない会話になってしまってこの時間は苦痛に感じ、早く過ぎて欲しいと心に願っていました。
最後は良い感じた男性の名前を記入して終了でした。
仲間内でどの人がまた参加しているかと話されているようなので注意です

婚活パーティーも主催している人気の恋活・婚活アプリをご紹介

気軽に異性とやりとり出来る恋活・婚活アプリの中で、今婚活パーティーも主催してくれる所があるって知ってる?

オンラインだけでなく婚活パーティーなどのリアルイベントも定期的に主催してくれているから人見知りで内気な人でも参加しやすいわね。

婚活パーティーの主催者がしっかりしているから安全で安心な婚活パーティーに参加してみたいって思ってる人は一度参加してみたら。

恋活・婚活アプリ「ユーブライド」は面倒なFacebook登録をしなくても簡単に利用できるのよ
\30日間無料キャンペーン中の間に試しにアプリを使ってみる/
youbrode
 

解約には一切違約金はかかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。