婚活パーティーイベントを広島で開催している企業|参加者の体験談をご紹介

婚活アドバイザーのマジョミです。

最近、リアルに会える婚活パーティーやイベントが人気があって全国で開催されているわね。

今の時代は、中々出会いって少ないからこういうパーティーイベントで出会いを求める人が多いのはわかる気がするわ。

そこで、今回は婚活パーティーを広島で開催している企業や団体とその参加者の体験談を紹介するわよ。

恋愛や結婚を少しでも考えてるなら、友人や職場の同僚に「出逢いがない」って愚痴ってないでこれを見てよね。
 

「恋活・婚活マッチングアプリ」でも素敵な人に出逢うこともできるのよ。
 

恋活・婚活アプリのランキングを見る

婚活パーティーイベントを広島で開催している企業とその参加者の体験談

婚活パーティーイベントを広島で開催している主催者:アーバンマリッジ

40代前半 女性

私が参加した婚活パーティは、みんなで集まってワイワイするようなパーティではなく、一つの部屋に間仕切りがしてあり個室のようになっているところで二人きりでお話しするというものでした。
一人の人とお話しする時間は7分くらいです。
パーティ開始時間までにプロフィールカードというものを書くのですが、趣味や特技などを「イラストで描いてください」とありました。
絵心のない私にそれは無理な相談だ、と思いっきり普通に文字で記入しました。
いよいよ一対一でのお見合いの始まりです。男性が女性のいるブースに入っていくというしくみです。
「どうぞ入ってお話しください」という合図で始まりました。
とにかく第一印象が大事だと思い、ニコっと笑顔で「はじめまして、こんにちは」と、こちらから話しかけました。
その方の第一印象ですが、「・・・」という感じです。
パーティだというのに、家にいる時と同じ格好なのではというファッション。
まったくセットしていない髪の毛。
緊張しているのか?自信のなさそうな物腰の低さ。
いかにも、確かに結婚できなさそう、というか彼女もできなさそうという方でした。
自分を棚に上げて申し訳ないとは思いますが、女性陣は割とかわいいファッションに身を包み、きちんとメイクして、それなりに綺麗にして参加しているのです。
少し不安になりながらも、その方とお話しを始めました。
プロフィールカードを交換し合い、まじまじと見つめ、なんとか会話を繰り広げなければと変に焦りました。
そりゃそうですよね。5~7分くらいしかお話しできないのですから。
無理やり「旅行が趣味なんですね!京都に行かれるのが好きなんですか?」と話しかけてみました。
すると、いきなり、ものすごい勢いで自分の京都愛を語りだし、あそこに行った、ここにも行った。
あそこは、これが美味しい、ここは風情があるとか。ノンストップです。
この人、見た目もイマイチな上に性格もすこし変わってらっしゃる・・・。
そして、私には何の質問もしてくれない。
私に興味がないのかなと不満に思いつつも彼の話に付き合いました。
「お話しをやめてください」という合図で、やっと彼から解放されました。
驚いたことに、彼は「楽しかったです。よかったら、またお話ししましょう」と連絡先が書いてあるカードを渡してきたのです。
彼は楽しかったかもしれないけど、私はちっとも楽しくなかったわーと思いながら、連絡先を受け取り「ありがとうございます。ぜひ連絡しますね!」とニコっとしながら社交辞令を述べました。
もちろん彼とカップルになる気にはなかったので、最後に書くマッチングカードには彼の番号は書きませんでしたけど。
その後、何度か婚活パーティに行きましたが、その方に何度か会い、その度に気まずい思いをしました。

婚活パーティーイベントを広島で開催している主催者:エクシオ

40代 女性

私は、大手婚活パーティーを主催しているエクシオの婚活パーティーに参加したことがあります。
私は、足が不自由なため、理解者限定パーティーというタイトルの婚活パーティーに参加しました。
まず、会場は、駅から徒歩10分圏内の便利の良い、ビジネスホテルの一室でした。
会場に、私が会場に着くと、まだ、他の参加者の方が来ておらず、一番乗りでした。
会場の入り口に、エクシオのスタッフの方が立っておられたので、名前を言い、身分証明書を提示しました。
会費は、1000円で、会費を渡すと、名札と、プロフィールカードを渡されました。
まだ、誰も座っていない会場に案内され、「好きな席にご着席ください」とスタッフの方が言ってくれました。会場の雰囲気は、ほんのり薄暗く、何となく落ち着く 感じでした。
私は、出口に一番近い席に着席し、早速、プロフィールカードを書きました。
プロフィールカードには、住所、名前、職業趣味など、自分のことについての項目がたくさんありました。
下の方に、自分の好きなものという項目があり、絵でそれを示すようにと書かれていましたが、私は、絵がすごく下手なので、文字で自分の好きなものを書くことにしました。
私が、プロフィールカードを書いている時、他の参加者の方が次々に会場に入ってきました。
参加者は、女性が8人、男性が14人でした。
パーティー開始時刻になると、司会者の方が進行を始められました。
女性が外側の席に座り、男性が内側の席に着席して、いよいよパーティーがスタートしました。
まず、「初めまして」と挨拶し、向かい合わせに座った男性と、5分程度、自己紹介を兼ねて話をします。
5分が終了すると、男性が1つずつ移動し、一通り全ての人と会話するシステムになっていました。
会話をしながら、 好印象を持ったお相手の番号をメモに控えていきます。
そうしないと、せっかく、「この人いいな」と思っても、番号と顔が一致せずに、カップリングができないとのことでした。
一通り会話が終わると、好印象のお相手の番号をカードに記入します。
そのカードをスタッフの方が集め、コンピューターで集計し、参加者に返却してくれます。
返却されたカードには、自分に好意を持ってくれている 男性の番号が書かれているので、それを参考に投票したらカップリングしやすいと、司会者のスタッフから、説明がありました。
私に好意を持ってくださっている男性は、3番と、6番の男性でした。
続いて、気になる人にメッセージや、メールアドレスを渡すアプローチタイムです。
私は、気になる男性2人に、「今度、お茶でもいかがですか」と書いたカードを渡しました。
その後は、ついに、気になる人の番号を投票カードに記入する最終投票タイムでした。
私は、「感じがいいな」と思った男性、6人の名前をカードに書きました。
そして、いよいよ、司会者の方がカップルになった人の番号が発表します。
私は、なんと、初参加で、運良く、3番の男性の方とカップリングすることができ、「ラッキー」と、とても喜んびました。
しかし、普通は、カップルになったら、男性が会場の外で、女性をエスコートする仕組みになっていたのですが、会場の外で、いくら待っても、それらしき男性はいませんでした。
私は、5分ぐらい会場の外で待っていたのですが、男性は姿を表してくれませんでした。
よく考えると、私は、3番の人とカップリングしたのですが、3番の人の顔がよくわからなかったのです。
「私は、誰とカップリングしたのだろう」と謎が深まる中、仕方なく、家に帰りました。
後になってよく振り返ってみると、お互い、初対面の上に、流れ作業のように、いろんな人と話をし、一人当たり、3分ぐらいの短い話をしただけでは、顔と名前が一致しないというハプニングがあっても、当然だと思いました。
せっかく、カップリングできたのに、とても悔しい思いがしました。

30代前半 女性

私はSNSのマッチングアプリやコンパなどはやっていましたが、婚活パーティーには抵抗がありました。
でも、20代後半になってもなかなか彼氏ができず、周りの友達の結婚や出産もあり焦りだしました。
もともと恋愛よりは結婚願望が強く、付き合った人は絶対結婚だと思っていたので、遊びでマッチングアプリやコンパに来ている人が苦手でした。
友達の、「婚活パーティー行こうかな」という言葉をきっかけに、私も挑戦してみようと思いました。
婚活パーティーといえども、大人数のものから少人数のもの、あとはイベント的なものなど色々ありましたが、大人数は疲れると聞いていたので少人数のものに絞りました。
はじめは友達と行きましたが、徐々に一人でも行くようになりました。
慣れてくると緊張もしないし、終わった後に友達とぺちゃくちゃしゃべるのも面倒くさいので、本当に「彼氏探し」集中という感じでした。どれも、同じ人数か、女性が多い感じでした。
スタッフの人を見て、私もこの仕事やってみたいなとか思いました。
どの人がくっつくのかな?とか、キューピット役になれるのが楽しそうだからです。
実際やってみて一番の印象は、やらないよりはやってよかった。ということです。
コンパも全然なくなり焦っていたので、とにかく異性と話せるこの機会は私にとってはちょっとした息抜きになりました。
仕事をして帰って寝てまた仕事に行くという、変わりばえしない日常が楽しくなりました。
少人数は、どちらかというと内弁慶な男性が多いと思います。
大人数はイケメンやおしゃべり上手も多いと友達から聞きました。
少人数といっても、一人としゃべる時間は少なくて、メモをする時間もあまりなくて、終わった後に「1番の人ってどんな人だったっけ?」と思い出せないこともしょっちゅうでした。
なので、メモのところに「メガネ」「薄い頭」など失礼ですが外見の第一印象などを書いていました(笑)
楽しいことは、いろんな人とおしゃべり出来ることです。
悲しいのは、女子がめちゃくちゃ可愛い子が多いことです。
よく年齢制限で25歳~35歳とあるとすると、25歳前後の子が多くて、やはり若い子のほうが人気なんだと思いました。
男性は逆に年齢制限超えてるでしょ!?と思う人が多数いました。
やはり一瞬のトークなので、そこでマッチングして、後日ご飯を食べに行っても、うまくいかないことが多かったです。
「思ってた印象と違う。もっと姉さん的な人かと思った。なんか抜けてるんだね」と私はよく言わてました。
コンパもあっという間だけど、イベント的じゃない一般的なおしゃべりするだけの婚活パーティは、外見のみ。で判断という感じになるんだなと思いました。
あと悲しかったのは、私がいいなと思ってた男子は、ほんとに全然私を選んでくれなくてマッチングしなかったことです。
「見た目もだめ、ならどうすればいいんだよ!」とかなり凹みました。
恋愛や結婚を少しでも考えてるなら、友人や職場の同僚に「出逢いがない」って愚痴ってないでこれを見てよね。
 

「恋活・婚活マッチングアプリ」でも素敵な人に出逢うこともできるのよ。
 

恋活・婚活アプリのランキングを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。