婚活で付き合う決め手は何?女性が求める意外な答えを大公開

婚活アドバイザー マジョミです。

婚活しててこの人いいなぁと思ってても、中々お付き合いまで踏み出せないって事ない?

そんなあなたの為に今回は私があなたの代わりに婚活経験のある女性に婚活で付き合う決め手を聞いてきてあげたわよ。

婚活で付き合う決め手は?

婚活で付き合う決め手は恋愛とは違う

29歳 女性

私自身、今の主人とは婚活サイトで知り合い結婚まで至りました。
ただの恋愛なら付き合うのに条件やら決め手やら、というのは必要ないかとは思いますが、女性で婚活をする女性というのはやはり普通の恋愛とは違い、相手に条件を求めている傾向にあるかと思います。
私の場合、相手に求めた条件というのは「安定した職につき、かつ生活力のある方か」「一緒にいて楽か」「日本国籍か」この3点です。
まず大前提に、いくらお金持ちでもその人と一緒にいて気を遣い、自分らしさがなくなってしまえばそれは本当の幸せとは言えません。
そんな相手と一緒にずっとは生活できませんし、しまいには疲れてしまいます。
要は自分がこの人といて楽なのかどうか、自分らしくいられるか、この人と一緒にいる自分が好きか。
それを踏まえた上でその他の条件を付け加えるなりすればいいと考えます。
私はそれに付け加えた条件が「日本国籍」かどうかです。
こんな話を書けば日本国籍でない方から反感を持たれてしまいそうですが、うちの家は元々が大所帯の家で、私が小さい頃は4世帯家族で上には曾祖父と曾祖母、祖父と祖母、父と母、そして姉と私で生活していたので、昔ながらの風習なりが染み込んでいる家で育ちました。
なので今でこそ国籍差別が薄れてきた世の中ですが、当時の曾祖父らの時代はそれはもう凄かったそうです。
そんな家で育った者ですから、私の意見というよりかは年寄りの意見で…という言い方をさせて頂きますが、私の家族の考えを尊重した答え。という回答をさせて頂きます。

婚活で付き合う決め手は生理的に受け付けられるかどうか

30歳 女性

あらかじめ「どんな男性と結婚したいか」を整理して、これだけは譲れないポイントを絞っていました。
私の場合の結婚したい男性にポイントは、定職についている人、お金の価値観が合う人、生理的に受けつける人です。
婚活をはじめてまずはじめたことは、たくさんの人に会ってみないと分からないと思い婚活パーティーに行きました。
年収や職業、年齢を限定したものに友人と参加しました。
初めて行った婚活パーティーは約20人ぐらいと話ができるものです。
一人あたり10分くらい話せました。
話しながら、私の設定したポイントに会いそうな人を探っていきました。
定職についているかは、用意された紙に書いてあるのでそこで確認ができました。
そして、お金の価値観は「趣味」や「食事」に関する話をすればおのずと見えてくると思います。
どんな趣味にお金をかけているのか、外食が好きか嫌いかなど。
それを「私も」許せるのかを基準に考えれば、お互いのお金の価値観をすり合わすことができると思います。
あと生理的に受けつけるかは、この人と「キス」ができるなと思えば合格ラインだと思います。
何度か婚活パーティーに参加しましたが、いい出会いはなく結局友人の紹介で出会った人とと結婚することができました。

婚活で付き合う決め手はフィーリングが合い居心地がいいこと

41歳 女性

私は婚活中にお付き合いをした人は何人もいました。
お付き合いをした人は皆お仕事をバリバリしていて将来性があり結婚したら私が苦労をすることがないような人でした。
そして外見は普通よりも良く、フィーリングが合うことも決め手の1つでした。
他にはお話をしていて誠実なことも大事です。
私は婚活中に今の旦那さんを見つけました。
私が34才のときに旦那さんと出会ったのですか、私は結婚を焦っていたので4つも年下の旦那さんには最初はあまり興味が無かったのですが、話してみるととて誠実で一流企業に勤めていて紳士で優しいことが分かりました。
好印象だったのでしばらく連絡を取り合ってみてから付き合うかどうかは決めようかと思っていたのですが、一回目のデートの時に旦那から「付き合ってみよう」と言われて少し迷いましたがオッケーしました。
旦那はデートの待ち合わせには決まって30分ほど前に着いていて、デートのプランはしっかりと考えてくれて私をエスコートしてくれました。
こんなに紳士な人は初めてだったので、どんどん好きになっていきました。
仕事にも真面目に取り組んでいて、この人とだったら幸せな結婚生活が送れると思い結婚を決意しました。

39歳 女性

婚活でカップル成立した人とは、その日のうちに一緒に飲みに行って、全く合わないと思ったのでその日以来、会うことはありませんでした。
逆に、カップル成立しなかったけど、連絡先交換をしていて何度か飲みに行った人と付き合うことになりました。
何度も会ってみて、食事をするのはもちろん、いろんなことを一緒にしてみるのがいいと思います。
結婚したら、四六時中一緒にいることになるので、まずは居心地がいいことが一番だと思います。
例えば、食べるときのマナー(食べ方が汚いとか、音が気になるとか)は、一緒に暮らしていく上で重要です。
その他にも、運転中のマナー、渋滞でイライラしないか、買い物に付き合ってもらってどれくらい待ってくれるか、一緒に楽しめるかなど、いろんなシチュエーションでその人のいろんな面を引き出し、不快感を感じなければ合っているんだと思います。
わたしがお付き合いし結婚した人は、最初は恋愛感情は全くありませんでしたが、何度も会っていて一度も不快感を感じることがなかったし、特におもしろい話をするわけではないけど、一緒にいても退屈することはなかったので、ずっと一緒にいられるかもしれないと思ったのがきっかけでした。

婚活で付き合う決め手は真摯に向き合ってくれているかどうか

30代後半 女性

おかしいかもしれませんが、「好き」という感情を入れずに、男性のメールと行動をじっくり観察して、自分に対して真摯に向き合ってくれているかでお付き合いするかどうかを決めました。
感情から入ってしまうと、恋愛で悪い方に進めば泥沼を見ることになるので、お付き合いする前は自分の「好き」スイッチを押さずに、割りきって冷静に相手を見ることに力を注ぎました。
まず、メールについて、スタンプや絵文字を沢山使っている人は女性慣れ、女遊びをしている確率が高く、ハートマークをばんばん使う人ほど怪しいです。
また既読スルーする人も無理です。
それから、メールの内容と男性の行動が合致しているかをチェックしました。
以前お見合いパーティで出会った人で、「会いたい、会いたい」という割には、デートは全然誘ってこないような、「詐欺師」的な人もいました。
男性が自分を本当に好きなら、会おうとするはずだから、こういうタイプは候補者でも除外しました。
また、「仕事、仕事」と仕事のことばかり言う人もパスしました。
「仕事」で忙し過ぎる人は、まずデートの時間もろくにとれないし、そもそもお付き合いモードの頭ではないので、付き合っても、こちらが待ち疲れるだけです。
最後に、自分に真摯的に向き合ってくれる人かどうかで判断しました。

婚活で付き合う決め手は自分と価値観が合うこと

30代女性

結構歳をとっていた私ですが、婚活中にいつも思っていたことがあって、何故自分の思い描いた人がいないのか、会う人にいい人がいないと考えていました。
でも本当の所自分の本当に思い描いた人を完全に描き切れていないと考えました。
なので自分のこんな人と結婚したいと凄く詳しく紙に書いて、年齢、身長、顔つき、仕事、洋服センス、家族構成、年収などなど、本当に細かく思い描いてその人と出会うために自分も同じ土俵でいないと、同じステージにいるためには相手だけに求めるのではなく自分も磨く作業をしていました。
もちろん洋服も女性らしいものを身に着け、話し方もなるべく穏やかに話したり、色々な努力はしていました。
一番は1人でいても寂しそうではなく楽しそうにしているのが大事です。
楽しそうだと相手も近寄りやすいので、婚活では人のいるところに参加して楽しくしました。
婚活でいつもカップルになるように努力して、でもその時の人と長く付き合えるのはむずかしいこともあるので、なるべく付き合うまではいかなくてもなるべく出会いのきっかけを作るようにしていました。
そして出会った相手と似たもの同士で、性格が合い、紙に書きだした相手と同じような人物に出会うことが出来て、お金の価値観、生活の相性も合い今は結婚出来ました。
決め手は自分の本当の相手をしっかり思い描いてそれを実現しようと努力することです。 

婚活で付き合う決め手は相手の人間力

31歳 女性

30歳までに結婚することを目標にしていました。
医療職という仕事柄、同業者がいいだの、身長差は何センチ以上は必須だの、事細かく希望や条件がありました。
それなりに条件に近い人ともお付き合いをしてきましたが、いざ結婚を意識したときに本当にこのままこの人と結婚してよいのだろうかと思いとどまることが続き…。
そうこうしているうちに、どんどん年齢は30歳に近づいていき、妥協で付き合うようなこともあったりで。
そんなときに知り合ったのが今の主人。
仕事は収入が保証されているわけではない自営業、身長も差どころか私とほぼ変わらず。
男らしいというよりは女子会男子でマイルドさがあり、それまでの私の理想とする条件とはとことん正反対でした。
初めて出会ったときの私は恋人がいたこともあり、この人とは結婚することはないだろうと思ったし、彼のことは男として見れないと周りの友達や彼本人にまで話したくらい。
しばらく友達付き合いをしていたあるとき、初めて彼の仕事風景を見る機会がありました。
今までは友達としての彼しか知らなかったのですが、仕事中の彼はそれまでの私が見たことのない顔で。
いきいきとした表情で生きる力に溢れている彼の人間力に一気に惹かれてしまい、今までブレずに求めていた結婚相手への理想や条件の縛りはすべて解除(笑)。
条件だのなんだのと言っているうちは本当の魅力や人間性の引き出しに気付けないんだなと学ばせてもらいました。 

婚活で付き合う決め手は男らしさ

35歳 女性

私は、30代になって婚活を始めたのですが、それまでの恋愛とは違った視点で男性を見るようになりました。
私は今までは「優しい人」というのが好みだったのですが、結婚をしたときに、男性に求める物は優しさももちろん大切ですが、男らしさだと思いました。

結婚をして、自分の家庭を守って貰い、家族を守ってもらうため、時には周りに厳しいことを言わないと行けないこともあります。
自分の判断で、難しいことを決断しないと行けないこともあります。

そんな時、男らしさ、があることで私は安心が出来るのではないかと思いました。

そこで、婚活しているときにお付き合いを決めた人の決め手は、自分で予定を決めたり、言うべき時にしっかりと発言を出来ること、という点です。

お付き合いする前に、他の人とお見合いはしたのですが、その人は、優しさはありましたが、私の好みを聞くばかりで自分では何も決定してくれない人でした。

その方と連絡をしあっているときに、もっと自分で決めて欲しいと思うことが何度もありました。

婚活は、結婚のことも考えてお付き合いをすることになるので、結婚後、一家の主として頼りになるかというところを気にしてお付き合いすればいいんじゃないかと思います。

婚活で付き合う決め手のまとめ

婚活経験者の声はどうだった?

やっぱり結婚を意識したお付き合いになるので恋愛で求める事とは違って、結婚の際に重要な事を求める人が多かったわね。

一番多かったのは、「フィーリングで一緒にいて疲れないか?」でその次は「一緒に生活していく上での収入面」を求める人が多かったかしら。

その他にも付き合う決め手は人それぞれあったけど、あなたの中にも重要視するポイントがあると思うからそれは大事にしてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。