婚活パーティーの流れ|パーティーパーティーとシャンクレールを比較

婚活アドバイザー マジョミです。

婚活パーティーって参加したことある?

大勢の異性の人と実際に会えるから、婚活アプリのように中々男性と会えないってことはないわよ。

でもいきなり初めて会う男性と話をするのは緊張するし、その上パーティーの流れもわからないから不安よね。

今回はそんなあなたの為に、今人気のパーティーパーティーシャンクレールのパーティーの流れと2つを比較してみたから参考にしてね。

 

2つの婚活パーティーの流れ

婚活パーティーの流れ|パーティーパーティー

まず受付をします。
その時に本人確認を行います。
身分証明できるものが必要になります。
番号のところに案内をされ座ります。
そこには異性のプロフィールが置いてあるので、確認をします。
パーティーパーティーは申込をする段階でプロフィールカードを作成します。
そのため受付終了後からパーティー開始までの時間に自分のプロフィールカードを作成する必要があります。
そのためこの時間内に異性のプロフィールを確認します。
会が始まると1対1で話をします。
全員と話をします。
その後気になった異性にアピールをすることができます。
カードに記入をして、そのカードをスタッフさんが回収をしてくれます。
そして異性に渡してくれます。
その後もう一度異性全員と話をします。
カップリング希望の男性を第3希望まで記入をすることができます。
個別にスタッフさんが来てくれて、○番さんとカップリングが成立しました。
と言いに来てくれます。
カップリングが成立しなかった場合は、カップリングが成立しませんでした。
ということを伝えられます。
そして、スタッフさんに案内され会場を後にします。
カップリングが成立すれば、その人が隣に来てくれて、連絡先の交換などをします。
そして、スタッフさんに出るように促されカップルになった人と一緒に会場を後にします。

婚活パーティーの流れ|シャンクレール

まずは受付をします。
そのときに身分証明が必要となります。(私は運転免許証を出しました)
その時に、番号札とプロフィールカードを渡されます。
番号札が置いてあるテーブル席に座ります。
座ったら、プロフィールカードを記入します。
パーティーが始まると、プロフィールカードを渡し異性の人と1対1で数分間会話をします。
1人ずつ会話を終えると、その人の印象をメモします。
自分のプロフィールカードの裏に番号とメモができるスペースがあります。
この流れで全ての異性と会話をします。
全員と話終えると、次の時間は気になる異性に「気になっています」というアピールができるカードがあります。
そのカードを記入します。
記入を終えるとスタッフさんがそのカードを取りに来てくれます。
回収されたカードは気になった異性に渡されます。
最後に自分が気になった異性の番号を書きます。
第3希望くらいまで書くことができたと思います。
最後に番号でのカップル成立の発表があります。
発表後女性が先に退出をします。
カップルが成立した女性は外で待っていなくてはいけません。
その後男性が出てきて話をしたり、連絡先の交換をします。

2つの婚活パーティーを比較

良い点としては、どちらもインターネットで申込をすることができるのでとても楽です。
女性は二つともインターネットで申し込みをすれば参加費は無料になることがあります。
どのパーティーも比較的女性には優しい値段となっています。本当にそれはありがたいです。

シャンクレールは会が始まるまでに急いで自分のプロフィールカードを記入しなくてはいけません
項目がたくさんあるので、なかなか大変です。
反対にパーティーパーティーは申込の段階でプロフィールカードの作成を行います
ゆっくり時間をかけてプロフィールカードを作成できるのでいいなと思います。
項目もたくさんあります。
話題には困らないようになっているのではないかと思います。
趣味などの項目ではないのですが、好きなタイプなどいろいろな選択肢から選ぶことができる項目もあるので、助かります。
会が始まるまでに相手のプロフィールを確認することができます。
シャンクレールでは1対1で話をする前に相手のプロフィールを確認しなければならないので、時間がもったいないと思います。
字が下手でもパーティーパーティーであれば直筆ではないので、とても読みやすいです。

シャンクレールは大きな会議場などの場所でパーティーが行われます。
そのため同性の参加者とも顔を合わせます。
反対にパーティーパーティーは敷居があり、同性の参加者と顔を合わせなくていいのでその点はとてもいいなと思います。

シャンクレールはカップリングカードの前のアピールできるカードの段階で自分の連絡先などを書くことができます。
そのためカップリングが成立しなくても後日連絡を取ったり、遊びに行くことができます。
LINEのIDを記入する人が多いです。
隠れカップルが成立する可能性が高いとスタッフさんも言っていました。
しかしパーティーパーティーでは、アピールカードで自分の連絡先を記入することができません。
カップリングが成立してからでないと、連絡先の交換ができません。
上手くいったとしても一人としか連絡先の交換をすることができません。
何度も参加をさせる仕組みになっているのではないかと思ってしまいます。

両方共の改善点としては、何人もの人と短時間で会話をしなくてはいけません
とても忙しいです。
のどが渇いたり、休憩を取りたいと思ってしまいます。
おさえている会場の時間などもあるので、スピディーにしなくてはいけないとは思いますが参加者のことも考えてほしいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。