婚活パーティーで印象に残る上手な自己紹介の仕方と会話のコツ

婚活アドバイザー マジョミです。

婚活パーティーって、すごく緊張するわよね。

初めて会う人ばかりの中で、自分がどんな立ち位置で初対面の人とどういった会話をしたらいいのか、きっとドキドキして分からなくなってしまうわよね。

でも、安心してね。

ここではライバルに差がつく婚活パーティーで印象に残る上手な自己紹介の仕方と、会話のコツを紹介するわよ。

婚活パーティーで印象に残る上手な自己紹介の仕方

婚活パーティーの最初の砦となるもの、それは「自己紹介」です。当日、どんなおしゃれな格好をしていても、すてきなヘアスタイルやメイクに仕上げていても、この自己紹介が上手くできなければ、相手の印象に残らなくなってしまうのです。相手に今の自分を知ってもらうのであれば、少しでも好意を感じられるようなステキな自己紹介にしたいものです。

では、どうしたらこの自己紹介を上手くできるようになるのでしょうか。
まず、プロフィールカードに自分自身のことを書くときのポイントです。相手と自己紹介をして、その後の会話で大切になるのがプロフィールカードなんです。
このプロフィールカードは、自分自身の説明書だと思うとよいでしょう。ポイントとなってくるのは、職業・趣味・特技などは、より具体的に書いておくことです。
OLや会社員などと単純に明記するだけではなく、自分のしている仕事の内容を詳しく書いてみましょう。そうすることで、会話のネタにもなりますし、より相手と盛り上がることができたり、意外な共通点が発覚するかもしれません。

次に、趣味を、より明確な内容とともに書くこともポイントになります。相手の方が共感できる、もしくは異性と共有できそうな内容の趣味を書くことも大切となります。
例えば、ジム、ショッピング、料理などと書くことで、相手も一緒に共有できるそうなものを書き添えることによって、より話題が広がりやすくなるのです。
自分にしかわからないようなマイナーな趣味を書くのも良いですが、なるべくなら相手もすぐに理解できて、共感もできるような趣味を書くようにした方が、より会話が盛り上がって良い雰囲気になることでしょう。

一般的な婚活パーティーの場合、進行によって男性が順番に席を移動して、次のテーブルの女性と自己紹介をしていくことが多いです。
人数によっても変わってきますが、一人の自己紹介にとる時間は、1分以内程度となることでしょう。とすると、一組の男女が会話できる時間は、3分ほどになるケースがほとんどなのです。
自己紹介に時間を割いてしまって、その後の会話に時間をかけることができなくなるのは、とてももったいない話です。

そこで、記入したプロフィールカードをうまく利用して、年齢や職業などといった、プロフィールカードを見れば相手が確認できることは時間をとって自己PRする必要はないのです。自己紹介部分は、まとめて簡潔に話してしまって大丈夫です。
「はじめまして。〇〇といいます。今日はよろしくお願いします」など簡単な自己紹介をして、「休日などに一緒に過ごせるお相手と出会いたいな、と思って参加しました」などと、この場に参加した自分の意気込みを加えてあげることで、他の人とは違った印象をつけたり、差をつけることができるようになります。

婚活パーティーで印象に残る会話のコツを伝授

婚活パーティーでは、いかに相手に自分の誠実さを伝えられるかが、勝負となってくるのです。いくら外見がすてきであったとしても、軽そうな態度だったり、結婚への意識レベルが低そうな人は、この場では求められないのです。良い結婚相手と出会うための場なので、いかに結婚に対しての熱い本気度や、誠実な態度が重要となってくるのです。

そして、自己紹介での話し方、雰囲気に気を付けることも重要となります。
自分のことをより理解してもらおうと、あまりにもガツガツと自分のことばかりを話していては、相手にとっては失礼です。またそういうことが要因で相手に避けられたりしてしまうことにもつながってきてしまいます。

敬語をきちんと使って、丁寧な言葉遣いで、はっきりとした大きな声でゆっくりと、相手に話すように心がけましょう。会場は、周りの会話が意外とよく聞こえてくることがあるために、小声や早口だと相手にしっかりと会話を伝えることができません。
初対面で自分の印象をよくすることが最も大切なので、常に笑顔で話しかけるようにしていくのも良いでしょう。

そして、相手の話を聞くときは、聞き上手になることに徹して、好印象を相手にしっかりと与えるようにしましょう。聞き上手であるためには、相手が気持ちよく話すことができるような雰囲気を作ってあげたり、表情や相槌で、自分はあなたの会話をちゃんと聞いているよ!ということを、相手に伝えることです。

さらには、相手の目をみながら笑顔で聞くことも大切なポイントになってくるのです。相手の話に無理に全て共感する必要なありませんが、素直に感じたこと、思ったことを口にすれば、この人は、自分の話をちゃんと聞いてくれている人なんだな、と相手の方はとてもは嬉しい幸せな気持ちになれることでしょう。

また、人は誰しも自分のことを褒めてくれる人に対して好印象を抱くものなので、話をしながら、相手を思い切って褒めてみるのもよいでしょう。相手のリアクションがあると、話していても安心するものです。褒めるときは、できればリアクションを大きくしてあげるのも、より良い印象付けができることでしょう。

また、質問をする時などは自分の話を少し取り入れたり、より具体的に聞いたりすると相手も答えやすのと、会話の幅を広げることができて会話自体がスムーズなものになります。大切なのはあまりにも自分語りが多い人は、相手に敬遠されがちになってしまいます。ちょっとだけ多めに話すくらいにとどめておいたほうが程良い感じになるでしょう。

そして気をつけたいのは、プライベートなことを深く聞きすぎるのも、マナー違反になりかねないので注意が必要です。相手の外見のことや、身体的なことに触れるのも、タブーとなってくるので、気をつけたいところです。

婚活パーティーで印象に残る上手な自己紹介の仕方と会話のコツ|まとめ

婚活アドバイザー マジョミ

今回は婚活パーティーの場で差がつく、上手な自己紹介の仕方と会話のコツを紹介したわよ。

パーティーは大体2~3時間っていうのが通常だけど、パーティーがスタートしてから数分の自己紹介とプロフィールの紹介時にその人の印象がほとんど決まるといっても過言ではないわよ。

婚活パーティーにおいて、自己紹介と会話の仕方を気を付けることは最大の重要ポイントとなるわよ。
だから、第一印象というものがとても大切なの。
上記のことに気をつけながら、相手の方との共通点探しをしながらぜひ会話を楽しんでみてね。

相手に伝わりやすい魅力的なプロフィールを作成して、相手とのスムーズで楽しい会話のを通じて、すてきな理想的なお相手とぜひカップル成立できることを祈ってるわよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。