お悩みスッキリ解決し隊

お悩み事をスッキリ解決いたします 

健康&医療

健康に良い水とは?認知症も予防できる?脳梗塞も予防できる?

投稿日:2017年5月7日 更新日:

「人間の体の約60%が水でできている」ことはご存知ですか?

いくら食事や運動で健康を維持しようとしても体内の水が良くなければ中々体調は良くなりません。

今回は、健康に良い水の数種類をご紹介いたします。

  

健康に良い水とは?

今、浄水器や浄水器付きの水筒などで水道水の水でも普通に飲むことができますが、実は日本の水道水は世界一危険と言われています。

その理由は、水道水の塩素注入量は世界トップクラスです。

塩素は殺菌の為注入されるのですが、人の腸内に住む大腸菌やウェルシュ菌といった菌も殺菌されてしまい本来の腸内細菌のバランスが荒らされてしまい、免疫機能を破壊してしまっています。

その為、病気や老化を防ぐことができず、日本は世界有数の長寿国でありながら健康寿命は短い国といった悲しい状況が起こっていると言えます。

結局、日本の水道水は健康に良い水とは言えず体を壊す水と言えます。

体に良い水とは、脳梗塞や癌や糖尿病や肥満などの生活習慣病やうつ病などの心の病気までも予防できる水の事を言います。

次の項目で体に良い水をより詳しくご紹介いたします。

健康に良い水は認知症も予防できる?

認知症予防に効果が期待できる水としてシリカ水があります。

シリカは二酸化ケイ素のことで脳細胞などの細胞膜にも存在しており、シリカが不足すると記憶力が低下してきます。

また、シリカは血管の弾力性を保つ為、血管年齢を若返らせ脳梗塞や心筋梗塞になるリスクも下げてくれます。

更にシリカには細胞膜を強化する働きもあり、骨密度や軟骨組織の強化も期待でき、骨粗鬆症の予防にも役立ちます。

それ以外にシリカは体内のコラーゲンの生成を助ける働きがあり美肌効果が期待できます。

また髪の毛の育成も助け、ふさふさにする育毛効果も期待できます。

シリカは体内では生成できず、毎日消耗されていく物質です。

その為、シリカを体内に摂り入れるにはサトウキビやジャガイモやワカメなどを食べる必要がありますが、吸収力の面でいえば水から摂り入れることが最良といえます。

健康に良い水は脳梗塞も予防できる?

体内のカルシウムが減少すると、その不足分を補足するために骨に含まれるカルシウムが溶け出してその不足分を補います。

脳梗塞や心筋梗塞は、この必要以上に補われたカルシウムが血管の壁に付着し、血管壁の弾力性がを奪われてしまうことで起きることがあります。

つまり、カルシウムが豊富なアルカリ性の天然水を日常的に飲むことで、カルシウムの不足を防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞になるリスクを下げる効果が期待できます。

ここで、カルシウムの補給ならば牛乳で十分ではないのか?といった疑問がでてくる方もおられると思います。

ですが、日本人の8割は牛乳を消化する酵素を持っていないのです。

このことを「乳糖不耐症」といいます。

つまり、大半の人が牛乳を飲んでも栄養分を十分に体内に摂り入れることができません。

まとめ

何度も言いますが体には食べ物よりも水が一番大事です。

認知症予防も記憶力アップもたった一杯の水次第で変わります。

-健康&医療
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

脂質異常症と判断される基準値と気を付ける点と症状別改善ポイントは

コレステロールが高いぐらいは気にしなくて良いのでは?と思っている方も多いはず。 ですが、脂質異常症の人は高血糖や高血圧を併せて持っていることが多く、発症リスクが高まります。 ここでは、脂質異常症の特徴 …

食中毒とは?感染しないための予防法は?症状が出た場合の対処法は?

食中毒は、食べ物をしっかり加熱すれば発症しないと思っていませんか? 食中毒は悪条件が揃えば、誰でも感染してしまう病気です。 ここでは、食中毒の原因と感染しないための予防法と症状が出た場合の対処法をご紹 …

ドライいちじくと生いちじくは栄養が違う?効能はある?カロリーは?

いちじくは栄養素の高い果物です。 昔から世界中の人々に好んで食されており、日本には江戸時代に伝来され「不老長寿の果物」とも呼ばれいます。 世界中で果物としてだけではなく、デザートや料理など様々な方法で …

体が糖化するってどういう事?どんな症状がでるの?原因と対策は?

最近よく耳にする体の糖化。 一体何が原因でどんな症状がでるのでしょうか? ここでは体の糖化対策も含めてご紹介します。 関連

アルコールを飲まなくても脂肪肝になる?その原因と症状と治療法は?

脂肪肝はアルコールを飲む人がなる病気だと思っていませんか? 実は脂肪肝にはアルコール性脂肪肝と非アルコール脂肪肝の2種類があります。 非アルコール脂肪肝はアルコールを飲まない人でも発症してしまう病気な …