お悩みスッキリ解決し隊

お悩み事をスッキリ解決いたします 

中学生

中学生の塾通いは必要?集団指導と個別指導の違いは?かかる費用は?

投稿日:2017年7月12日 更新日:

小学校から中学校へ学年が上がると環境が変わります。

部活が始まったり、先輩後輩の関係が強くなったり。

そして、学習の面でも小学校よりも高校受験を意識し出すので学校の勉強だけではなく、塾に通うお子さんが小学校の時よりも多くなります。

ここでは、中学生の塾通いの必要性と2タイプの塾の違いとかかる費用についてご紹介します。

  

中学生が塾に通う必要はあるの?

塾に行き出す理由は様々です。

周りの友達が塾に行っているので自分も通い始めたり。

行きたい高校があり、中学校での学習だけでは難しいと感じて通い始めたり。

親御さん的にも世間体を気にして行かせたりなどなど。

塾は必ず行かなくては高校に入れないかと言えばそうではありません。

実際小学生のころよりも塾に通う子は多いですが通ったからと言って成績が上がるということもなく、逆に学校と塾の宿題が大変で成績が落ちてしまうなんてこともあります。

逆に塾に行かなくても成績上位の子もたくさんいます。

重要なのは通っているかではなくて、本人の意識の問題なのです。

様々な理由で塾に通う中学生がいますが、周りの子が言っているから自分も行くという理由や親の世間体などの理由では通い始めてもなかなか成績が上がりません。

行きたい高校があり、それに向けての準備として塾に通うと言う目的がある子は結果も出やすいようです。

英語や数学は積み重ねが重要なので自宅で計画を立てて自主学習に取り組める子は塾に通わずに成績を保つことができますが、挫けてしまってわからないまま進んでしまうと理解できなくなり、試験で平均点以下。

そして勉強から遠ざかってしまうと言う悪循環になってしまいます。

自宅では勉強がはかどらない。勉強のやり方がわからないという子は塾に通うと言うのもひとつの方法です。

中学生の塾で集団指導タイプと個別指導タイプの違いは?

塾と言っても最近はたくさんありますよね。

どのタイプがいいのでしょうか?

今、2つのタイプの塾が主にあり、選ぶことができます。

学校のように集団で机を並べて講師の授業を受ける集団タイプと講師1人に対して、1~2人の生徒で授業が行われる個別タイプです。

一昔前は集団タイプが主流でしたが今では個別タイプも増え、好みのタイプを選ぶことができるようになりました。

一概にどちらが良いとは言えず、授業を受ける子によって向き、不向きがあります。

集団タイプはカリキュラムが決まっていますのである程度勉強がわかってついていける子に向いています。

集団タイプでは有名な講師の授業を受けられることが多いです。

また、高校受験の情報なども豊富で全国模試なども積極的におこなっているので自分の現在の位置なども確かめられます。

クラスの他の子がライバルとなりお互いに励まし、競い合いながら高めあっていくという影響もあります。

一方個別タイプは自分のレベル、ペースにあった勉強ができます。

中学の環境に合わせて取り組むことができ、講師の変更などもしやすくなっています。

中学校の勉強についていけない子、自分の生活環境に合わせて勉強をしたい子に向いているタイプと言えます。

一言に塾と言っても求めている学習法やレベルなどによりその子に合った塾を探すことが重要になってきます。

レベルの高い塾に行かせてもついていけなければ意味がありません。

また、同じタイプの塾でもレベルが違ったり、方針も違ったりしますのである程度タイプが決まったら入塾する前に本人と親で見学に行き、納得をしてから決定しましょう。

「近いから」「お友達も言っているから」と言う理由で決めるのはなく、個々のレベルとどのように学習していきたいのか?

その時は手間でも合った塾を探し出すことが後々の為になります。

自分に合った塾に通うことで勉強が理解でき、それが自信にもつながり高校受験だけではなくその後の人生にも影響することになります。

塾を選ぶ際にはじっくりさまざまな塾を検討してみてください。

中学生の塾はどれぐらい費用がかかるの?

中学生の塾に通っているお子さんは大体月約2万円~3万円位かかっているようです。

1教科週1回で1万円ほどで、数学、英語の2教科を大半の人が通っているようです。

積み重ねが重要な2教科を塾で学んでいくのですね。

ただ、これはあくまで平均です。

これよりも高い塾もいっぱいあります。

また、これは授業料のみの費用でこれに入塾金、テキスト代、そして夏季講習など諸々費用はかかってきます。

年間で50万、100万円かかったという人もいます。

費用は塾によって全く変わってきます。

子どもの学力や講師が合っている塾かどうかももちろん重要ですが、それに加えて金銭面において、通わせ続けられるかも大事になってきます。

金銭面についても塾の方にしっかりと聞いたうえで入塾するかを決めましょう。

塾は自分に合っている勉強法で、講師とも相性がよければ効果が期待できます。

それは簡単なようで難しい部分です。

塾に行って効果が出ないということも少なからずあります。

子どもや親の学習に対する思い、学習の理解度によって妥協せず、じっくり決めたいですね。

また、塾の他にも家庭での自主学習と言う方法。

通信教材を利用する方法。家庭教師に来てもらう方法。

子どもによって、生活環境によって、中学校での授業の他に学習する方法はたくさんあります。

近くに子どもに合う塾がなくても、塾の時間に行けなくても学習の方法はたくさんあるので視野を広げて塾だけではなくさまざまな勉強法に目を向けてみると以外な方法が合っていたということもありますので費用や通う子の無理のない勉強法を選びたいですね。

まとめ

子供にしっかりした教育をさせてあげたい気持ちはどの親御さんもお持ちです。

ですが、当の本人にその意思があるかどうかをしっかり確認し、話し合ってから塾に通わせることが親子にとってお互いに良い方向に進むことになります。

-中学生
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした